限定承認とは

kuroki-egao0006.png
被相続人の残した財産において、プラスの財産の範内で
マイナスの財産も相続し、それ以上のマイナスの財産を
相続しない
方法があります。 

これを「限定承認」といいます。

限定承認をする場合は、以下のような手続きが必要となります。 

1.相続人全員の総意が必要となります。 
2.相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に「限定承認の申述審判申立書」を家庭裁判所に提出します。 
3.限定承認を選択した場合には、不動産などの値上がり益がある場合には、その値上がり益が精算されると考えるため、譲渡益相当額の所得税が課税されます。 

※限定承認は単純承認に比べ、無限責任ではなく有限責任という大きなメリットがあるため、利害調整が必要だと考えられており、手続きが複雑になっています。 

そのため、限定承認をする際には 経験豊富な専門家にご依頼下さい。 


限定承認が有効なケース

限定承認が有効なケースとしては、以下のようなものが考えられます。 

・債務が超過しているかどうかはっきりしない場合。 
・家業を継いでいくような場合に、相続財産の範囲内であれば債務を引き継いで良いというような場合。 
・債権の目処がたってから返済する予定であるような場合。 
・債務を加味しても、どうしても相続したい相続財産があるような場合。 
・家宝等の特定の相続財産を相続したい場合。 

いずれにしても、相続が発生した早い段階から相続人、相続財産を調査して、相続しても良いものなのかするべきではないかの判断ができる状態を作ることが重要です。 


限定承認の流れ 

1.家庭裁判所に限定承認申述をします(相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に実施します)

相続人が複数いる場合は、全員が共同して申述する必要があります。 
※すでに相続放棄をした人がいる場合には、その人を除いた全員で限定承認の申述をします。 

2.家庭裁判所から審判書の謄本を交付します 

申述が受理されると、家庭裁判所は限定承認申述受理の審判を下して申立人に審判書の謄本を交付します。 
相続人が複数いる場合は、家庭裁判所は、このとき同時に相続財産管理人選任の審判をします。 

相続人は、必要があれば家庭裁判所に請求して、限定承認申述受理証明書を交付してもらうことができます。 
家庭裁判所が限定承認手続に関与するのはここまでで、後は相続人(相続財産管理人)が手続を進める必要があります。 

3.相続債権者への債権届出の公告をします(限定承認後の5日以内に開始し、2~3ヶ月公告する) 

相続人は、限定承認をした後5日以内(相続財産管理人が選任された場合にはその選任があった後10日以内)に一切の相続債権者・受遺者に対して、限定承認をしたこと及び一定の期間内に債権等があればこれを申し出るように官報に公告を出します。 
この一定の期間は2ヶ月を下ることができません。 
この期間内は、相続には各債権者に対してその弁済を拒むことができます。 

4.配当弁済手続をします 

上記の公告で定めた期間が過ぎると、相続人(相続財産管理人)は、届出のあった債権者やその他の知れたる債権者に対して、それぞれの債権額の割合に応じた配当を行います。 

債権者のうち、利息制限法を超える利息で貸付を行っているような債権者については、利息制限法による引き直し計算をして、残債が残ればその額を基準として配当し、過払金が発生しているような場合には過払金の返還を受けます。 

相続財産の中に不動産があるときは、相続人(相続財産管理人)は裁判所に不動産競売の申立をしてその不動産を換価します。 

5.家庭裁判所への鑑定人選任の申立します 

上記のように相続財産のうちの不動産について競売を申し立てると、第三者がその不動産を競落してしまう可能性があるため、相続人がその不動産に住み続けることが難しくなります。 
そこで、どうしてもその不動産を手元に残したいというような場合には、家庭裁判所に鑑定人選任の申立をして、不動産競売手続を止めることができます
被相続人が生命保険に入っており、相続人がその不動産を買い取れる程度の生命保険金を受け取っているというような場合には、この方法で不動産を手元に残すことができます。 

6.残余財産の処理をします 

上述の債権届出期間に申し出なかった債権者や、相続人が知らない債権者がいた場合には、これらの債権者は、以上の配当手続の結果残った残余財産についてのみ弁済を受けることができます。 

 

816.jpg

お電話お待ちしてます まずはお気軽にお問い合わせください。
スケジュールを確認し、地元岐阜の税理士・行政書士が対応できる日程とお時間を確保致します。

【受付】  9:00~18:00
(ご相談は土日にて調整可能です)

ご都合の良い時間を選んで、専門家との日程調整をさせていただきます。

お問合せはこちら

地元岐阜の税理士が親身に対応いたします!

当事務所の詳しい内容は以下をご覧下さい。

◆料金表

◆事務所紹介

◆スタッフ紹介

◆お客様の声

◆当センターが選ばれる理由

◆アクセス


 

当センターの取組み実績のご紹介

 

sinbun1.png

岐阜新聞に当事務所の記事が掲載されました!
  『シニア新時代~超高齢社会を生きる~』

  詳しい記事の内容はコチラからご覧いただけます。 


keisaisougi.png

 

岐阜新聞にマーサ21での2014年3月の相続相談会の様子が掲載されました!

sinnbun21.png
          詳しくは上記画像をを拡大してご覧下さい
masa2103.png
 

 

心配だった相続のことがすっきり解決!当センターにご相談いただくメリット

1)圧倒的な実績 2)便利な立地   3)幅広い相談時間
岐阜で親子3代60年。
累計500件を超える実績
  岐阜メモリアルセンター
より車で3分の場所に立地
  土日祝にも相談会を開催
し、忙しいあなたにも対応

3ninsyugo.jpg

zimusyogaikan.jpg

soudan.jpg

遺産相続のご相談は累計500件超の実績があるから、どんな遺産相続のご相談でもお任せ下さい。

事務所前に駐車場もあるのでお車でもお気軽にお越しいただけます。

平日はもちろん、土日祝もご依頼に応じて対応させていただいております。お好きなタイミングでどうぞ。

4)ワンストップサポート   5)ワンコイン相談   6)複数人担当者制
遺産相続の専門家とのネットワークで全面個別対応!   ワンコインで、自分たちの場合の相続手続きがわかる!   複数の遺産相続専門家によるチェック体制で安心

pcpc.jpg

 

zikantuyomji.jpg

 

syugosyasin.jpg

相続に強みを持つ社労士・行政書士司法書士・社労士との協力体制のもと、一つの窓口で全対応できます。

  当センターは遺産相続に関するあらゆるご相談を無料で行っております。無理な勧誘は一切いたしません。   資格者を含む総勢14名のスタッフが手続きにあたりますので、円滑に相続の手続を進めることが可能です!
7)明朗会計&料金表   8)セミナー実績多数   9)相談者専用相談室
明朗でわかりやすい料金表とサポート料金で安心!   相続セミナー、相談会なども
多数開催!
  完全個別相談室で
プライバシーを厳守!

ryoukintuyomi.jpg

 

soudankaiga.jpg

 

soudansitumini.png

当センターは、ご契約前に必ず費用を提示。わかりやすく、リーズナブルな価格をご提供しています。

  相続セミナーや、司法書士との協催による無料相続相談会を多数実施しています。   個別相談室を設けることで、誰にも知られず安心してご相談いただけます。また、当事務所はお客様の相談内容を漏らすことはありません!
10)職員の知識教育も充実   11)岐阜県全域に対応!   12)エンディングサポート
所内で相続に関する
勉強会を定期的に開催!
  岐阜・大垣市を中心に岐阜県全域に対応しています!   遺言執行・葬儀・遺品整理まで生前予約で万全対策!
kaigigazo.jpg   gifu.png   endingnote.jpg
全国的な外部研修会にも積極的に参加することにより全国での相続の取り組み事例などを取り入れ、皆様には最新の情報を提供できるよう努めております。   岐阜市を中心に岐阜県全域に幅広く対応しております。お気軽にご相談ください。   遺言書作成、遺言執行、相続手続、葬儀予約、遺品整理等の関連サービスをトータルでサポートします。
 

 

お問合せはこちら

事務所案内
東京事務所

相続無料相談受付中 0120-783-380 電話受付時間10時~17時(平日のみ)平日及び土日祝も相談可(但し、要予約)メールの方はコチラ 対応エリア:岐阜市、大垣市、各務原市、山県市、関市など

0120-783-380

あなたの会社の繁栄を願う税理士事務所。税理士法人服部会計事務所
スタッフブログ。詳しくはこちら 
ImgLS7.jpg

pic2012.png